車の保険を安くするために、インターネットからのいわゆるダイレクト型保険に加入するのが一般的になって来ました。
インターネットで提供されるサービスの特長として、とにかく「安さ」がとても重要な要素になってくるので、どの保険会社も安さを売りにするのは必然です。

ただ、安いとは言っても限界はあるわけで、極端な例ですが、高級外車の保険料が軽自動車の水準になることは決してありません。
基本的にどの保険会社も基準は同じで、車種や年式であるていどの相場が決まってくるからです。

また、対人や対物、車両に関する補償についても、必要最低限で設定していくと、大体同じような料金で落ち着きます。
もともとネットに絞って経費を極限まで削っていますから、これも当然といえば当然です。

保険料を節約する手段としては、クレジットカードを利用する方法などがあります。クレジットカードに付いている補償やサービスを利用する手段です。
例えば、ロードサービスが付帯しているクレジットカードを持っていれば、自動車保険のロードサービスは加入しなくて良いでしょう。
これだけでも、年間数千円安くすることが可能になります。

まずは自分の所有しているカードに、このようなサービスがついていないか確認してみましょう。
思わぬ所で大きな節約が出来るかもしれません。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.