自動車保険に入ろうとなるとだいたいの場合、相手の人的損害を補償する対人保険や、物的損害を補償する対物保険をメインとして加入することになるのですが、誰もができれば入っておきたいと考えながらも、その保険料の高さから断念してしまうのが車両保険です。車両保険の保険料は、車の危険度と補償する範囲、そして車両価格によって決められています。それによってどうやっても高い保険料からは逃れられないと思われがちですが、実は同じ車両保険でも保険料を安くすることができるのです。
それは免責額と補償する範囲を狭くすることで可能です。免責額は補償する場合でもその金額は補償されないというもので、免責額が10万円であった場合、10万円を超える分を補償してくれるという事になります。補償範囲は、全ての事故や損害において補償するのかそれとも、相手のいる事故の時だけに補償するのかによって保険料に違いが生まれます。当然範囲を狭くしたほうが保険料が安く済みます。
最近では通販型でかなり安い保険料とすることができるので、浮いたお金で、車両保険に加入するという手もあります。