日本の自動車メーカーの中で一番売り上げを上げているディーラーと言ったらトヨタですが、このトヨタが一番になっているのもわからないではありません。確かに早い段階からハイブリッド技術の開発を初めて、エコカー補助金の手助けを受けたといっても、かなりの販売台数をあげたプリウスという車はありますが、トヨタの業績をアップさせたのは何もプリウスだけではありません。
トヨタの売り上げを向上させた大きな理由は販売戦略がうまいという事です。例えば、久々に売り出したスポーツモデルである86、スバルとの共同開発とはいえ、直噴技術以外のほとんどの部分や生産までもスバルに任せて、AE86という宣伝文句で販売するという戦略を使って、AE86時代の人間の注目を集めましたし、トヨタの既存の技術を使って、エクステリアやインテリアを少し高級化しただけの車に「レクサス」という名前を付けて、高級感をあおるような売り方をしているのです。
86といっても大きいし、フラット4エンジンだし、重たいしでAE86とは大違い、レクサスといっても排気量の大きなエンジンと木目パネルを付けただけで、クラウンの何倍もの価格で売っているだけに過ぎないのです。トヨタの車を購入するときは、巧みイメージ戦略と販売戦略に惑わされず、正しい目で選んでほしいと思います。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.