新しい車に買い替える時に困るのが今まで乗っていた車に取り付けていたパーツの取り外し、最近は両面テープの技術が進化してきており、内装パーツどころかエアロパーツと呼ぶ外装パーツまで両面テープで留めるようなものが多くなってきているので、ちょっとドライアーで温めてこじれば簡単に外すことができるのですが、力がかかるようなパーツとなるとタッピングネジなどを使ってボディに固定しているものもあります。
そのようなパーツを取り外すと、当たり前ですがボディに穴が開くことになり、そのままでは当然査定金額も下がってしまうことになります。
そういう場合は仕方ないです、そのパーツをそのまま付けた状態で買い取ってもらうか、穴が開いたまま安い金額で買い取ってもらうしかありません。
穴の開いている場所にもよりますが、パテなどで穴埋めしてタッチアップペイントなどを縫ってごまかすこともできますが、ボンネットやルーフのど真ん中となってしまうとそれこそプロの仕事となるので、そこまでお金をかけるのであれば、そのままのほうが良いのかもしれません。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.