今日のような雨天時は時間に余裕を持って出発したい。というのも、雨天時は車の量も多く、女性や高齢者や初心者はスピードをいつもより出さないで走るため、いつもならできない渋滞ができ、どうしても時間がかかってしまうからだ。通勤ラッシュの時間帯ともなると、ロータリーに入れない車が路上駐車をするため、ますます渋滞をつくる。そのためいつもより10分位上は早く出発することを心がけている。
雨天時は歩行者も要注意だ。傘をさしていると前を見ていなかったり、雨の音で車が近づいてくるのがわからず、突然渡り始めたり。自転車も歩道に歩行者がいると、急に車道に出てくる。そんな不注意の自転車とぶつかったら車側の責任になる。大変迷惑な話だ。
しかし、歩行者も歩道を歩いていると、水たまりを通ったトラックから思い切り泥水がかかってきたりと災難にあうこともある。私も昔、水が溢れ出しているところを自転車で通っていたら、運悪く大型トラックが横を通り、頭から泥水をかぶった経験がある。スピードを落としてくれるドラーバーもいれば、歩行者など関係なくフルスピードで通る車もいる。車の運転には人間性が現れる。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.