ジムニーは、昨今一般的になってきた独立懸架方式のサスペンションではなく、あえてリジットサスペンションを採用しています。
リジットサスペンションとは左右が連結されているサスペンション構造のことを言います。

軽自動車を見てみるとほとんどのものが、フロントはストラットなどの独立懸架、リヤはトーションビームなどのリジットサスペンションとなっていますが、この場合のリジットサスペンションは要するに安く作ることができるといった理由から採用されているわけで、実際にはできればリヤも独立懸架にしたいところです。
独立懸架はロードホールディング性と乗り心地の向上を果たすことができるものでオンロードでは優れた性能を発揮します。
しかし、オフロードではサスペンションストロークが短くなるということやタイヤの接地力に欠けるというデメリットをさらけ出してしまうのです。

ジムニーには3リンク式リジットサスペンションというものが使われており、これはデファレンシャルギヤと一体型となっているホーシングにリンクで前後左右の動きを制限したもので、スプリングはコイルスプリングとなっています。
左右のタイヤがこのホーシングに付く形となるので右と左のタイヤが連結されている形になります。
実はこれがオフロードを走る時に大きなメリットなるもので、左右がつながっているため、片輪だけ大きなギャップの乗っかってしまった状態になるとそのタイヤの反対側のタイヤを地面に押し付ける力が働くようになり、空転しがちなタイヤのグリップ力を増すことができ、その場を走りきることができるようになるのです。
それから構造的にサスペンションストロークを大きくとることもできますし、強度が高いというメリットもあります。
だからジムニーはリジットサスペンションなのです。