トヨタは国内のみならず国外にもたくさんの店舗を構えています。
その店舗はトヨタとしての店舗もあるのですがそれはあくまでも一般向けのものであって、高級車を扱う専門の店舗というものも用意されています。
それがレクサスです。

レクサスは北米エリアを中心に展開している商標で、高級モデルのみを扱うものとなっています。
そのモデルを北米エリアで扱っているのがレクサスで、あくまでも北米エリアだけの呼び方なのです。
しかし、トヨタは大それたことをしてしまいました。
トヨタ車の北米向けの販売チャネルとなんと日本で展開することとしたのです。
トヨタ車を日本で売るのであれば既存の販売チャネルを使えばいいことなのですが、あえてトヨタという名前を伏せて、レクサスという名前で車を売るようになったのです。
しかし、レクサスだろうが何だろうがトヨタ車には違いはないので、日本では「レクサス」ではなく、トヨタのレクサス店ということになるのです。
残念ながらこの部分に気が付いている人が非常に少なく、今でもトヨタとレクサス店の車を別に見たり、トヨタの車は、カローラだとかクラウンなどと車名で呼んでいるのに、レクサス店の車は「レクサス」などとトヨタとは違う呼び方をしたりするのです。
たしかにレクサス店の車は高額でそれに乗っていることを自慢したいのはわかりますが、知っている人間からすればカローラなどと同じトヨタ車であって、「レクサス」という商標名が付いていることによって100万円近くも余計にお金を使っているだけなのです。
北米では「レクサス」と呼んでもいいとは思いますが、日本では「トヨタのレクサス」と呼ぶのが正しい呼び方となります。