東京モーターショーが開催される年の前後は新型モデルが発売されることが非常に多い時期として知られています。2013年末から2014年の前半までの間に自動車メーカー各社から新規モデルや新型モデルがたくさんはんばいされるようになり、今回のモーターショーで発表されたモデルがすべて出そろったと思ってしまうのですが、まだ1台だけ発売されていないものがあります。
それがスバルから発売される予定のレヴォーグです。
この車は昨年の年末辺りから存在を公表するようになり、その勢いは一か月後あたりに発売される新型モデル並みのものとなっていました。テレビCMなどでも盛んに宣伝しており、車が好きな方では知らない方はいないと思います。
しかし、それから年が明け、桜が散ってしまう頃になってもいまだに「レヴォーグ新発売」というニュースが飛び込んでいません。予約は受け付けているようですが、これほど長い期間、全体像がわかっていながら発売されないというのは非常に珍しいことです。
何やらスバルにじらされているような気がしてなりません。ただあまりじらし続けると発売された時の評価のハードルを上げてしまうことになるので、早めに発売したほうがいいと思うのは自分だけでしょうか。